ご質問ご回答Q&A

”気を使いすぎ”が営業に向いているかはコレで決まる

● 質問

私は、周りに気を使いすぎて疲れるタイプです。

営業には、気を使いすぎるタイプは向いていないのでしょうか?

● 回答

気を使いすぎる人は、よくもわるくもポジション次第。

顧客にアドバイスするポジションをとれれば成功するし、顧客にこびへつらうポジションをとれば失敗します。

気を使える人は、他の営業マンに比べて顧客のニーズを拾い上げるのがうまい。他の人よりアンテナの感度がいいのです。

「そんな細かいことまで気を配ってくれて嬉しい」と喜んでもらえる。

顧客にコンサルティングするポジションをとれたら、鬼に金棒です

的と矢に例えると、的がハッキリして、クリアにわかる状態。

顧客にアドバイスするポジションなら、バチッとアドバイスが刺さって成約できる。

一方で、「説明を聞いていただけませんか?」のよう顧客にこびへつらうと、いくら矢を放っても刺さりません。

気の使いすぎという特徴を最大限に活用して、実践できる方法で進めていきましょう!

The following two tabs change content below.
2003年、22歳から営業マンとして18年の実績。2017年の配置転換を機に営業ノウハウを体系化。1000件以上の顧客との商談実績。500人以上の営業相談に応じてきた実績。経験・実績に基づいた、わかりやすい営業ノウハウ・セミナーでの解説に好評がある。

 
営業適正