トップ営業失注したあと

トップ営業が「失注」したあとの裏側

あなたは営業で失注したことはありますか?

失注したあとどのような行動をしていますか?

失注=営業終了と考えがちです。
しかし、まったくの誤解です。

失注を活かすことで営業力がましていくのです。

・失注理由を確認して次にいかしたり。
・将来の見込み顧客として管理したり。
・失注した商談の流れを振り返ったり。

改善点を見つけ出すことで商品・営業方法の改善
につながるはずです。

失注した顧客は二度と縁がないと思う方もおられる
でしょう。

しかし、一度はご縁があったわけで、実際に失注したあとに
数年スパンで受注に至るケースもあるのです。

失注したあとどうするかがカギですね。

ショート動画をご覧ください。

The following two tabs change content below.
2003年、22歳から営業マンとして18年の実績。2017年の配置転換を機に営業ノウハウを体系化。1000件以上の顧客との商談実績。100人以上の営業相談に応じてきた実績。経験・実績に基づいた、わかりやすい営業ノウハウ・セミナーでの解説に好評がある。

最新記事 by 木村まもる(逆転営業アカデミー 営業マスター) (全て見る)

 
営業適正