商談でつかってはいけない言葉

【営業】商談で使ってはいけない3つの言葉

あなたは商談で使わない言葉を意識していますか?

「お客様が無理難題をいってきた。」
「答えに困る質問をされた。」
などは営業の現場ではよくあること。

そんなときあなたはどうしますか?

「そんなのムリですよ。」
「できません。」
というでしょうか?

「私にはわかりません。」
とあきらめるでしょうか?
「きっと〇〇だと思います。」
と、推測で答えるでしょうか?

営業として使わない言葉を意識しておくだけで
結果がグンと変わってきます。

ショート動画をご覧ください。

The following two tabs change content below.
2003年、22歳から営業マンとして18年の実績。2017年の配置転換を機に営業ノウハウを体系化。1000件以上の顧客との商談実績。100人以上の営業相談に応じてきた実績。経験・実績に基づいた、わかりやすい営業ノウハウ・セミナーでの解説に好評がある。

最新記事 by 木村まもる(逆転営業アカデミー 営業マスター) (全て見る)

 
営業適正