アポが取れないアポ率をあげるたった1つのコツ

アポが取れないアポ率をあげるたった1つのコツ

今回はアポが取れない営業マンのための
アポ率をあげるたった1つのコツをご紹介します。

説明で押し切ろうとしないこと。
アポ質が低下してしまいます。
テレアポはニーズを聞く機会ととらえるのです。
そのためにも聞く姿勢をとることが大切。

時間・曜日・トーク・トーンを試行錯誤しましょう。
アポ率が低い営業マンはアポだけが目的になりがち。
目的のハードルさげるのがひとつの手です。
担当者名把握を目的にする、など目的を変えてみましょう。

アポが取れなくても落ち込まず次々とかけること。
全員にアポはとれないのです。
取れなくて当たり前だと思っておきましょう。
なかには一期一会で素敵な顧客とご縁があるかもしれません。

ショート動画をご覧ください。

The following two tabs change content below.
2003年、22歳から営業マンとして18年の実績。2017年の配置転換を機に営業ノウハウを体系化。1000件以上の顧客との商談実績。100人以上の営業相談に応じてきた実績。経験・実績に基づいた、わかりやすい営業ノウハウ・セミナーでの解説に好評がある。

最新記事 by 木村まもる(逆転営業アカデミー 営業マスター) (全て見る)

 
営業適正